オーダー家具 大辞典
―夢広がるオーダー家具のある暮らし―

よくあるご質問

ここでは、お客様からのよくある質問の中から、他社サイトにあるような一般的なQ&Aではあまり載っていない、もう少し突っ込んだ質問をご紹介いたします。

システムキッチンの面材と合わせることは可能ですか

システムキッチンと面材を合わせたオーダー家具は、見た目の統一感を演出できます。マンションと戸建てでは条件が異なりますので、それぞれご紹介させていただきます。

(1)マンションの場合

マンションの場合、通常は面材合わせが可能です。メーカー名と品番が分かっている場合はすぐにお調べできます。ご不明な場合は、物件名とお部屋番号を教えて頂くとこちらで管理会社様に問い合わせも可能なのでお気軽にお問い合わせください。

ただ一部物件ではオリジナル柄を使用し対応不可だったり、面材が廃番になっていて対応不可の場合もあります。

更にシステムキッチンが輸入品(海外メーカー)の場合も対応不可の場合が多く、特殊な仕様(天然木突板仕様やUV塗装)の場合では金額がアップします。

また面材だけではなく取っ手や天板もシステムキッチンと合わせることができる場合が多いので、対応の可否と金額の差額を整理し検討すると良いかと思います。

システムキッチン合わせが不可の場合は、類似柄をご提案させて頂きます。類似でのご検討かキッチン以外の建具やパントリー(食品庫)との面材合わせも視野に入れて、ご相談、ご提案をさせて頂いております。

(2)戸建ての場合

戸建ての場合は面材や取っ手、天板がメーカーのオリジナル柄を使用している場合が多く、システムキッチン合わせは難しい場合が多いです。

また、システムキッチン合わせが可能な場合でもメーカーは面材に対して高い価格設定をしているので金額がアップすることが多いです。

こちらも必要な場合、類似柄や別柄をご相談、ご提案をさせて頂いております。

扉と引き出し、おすすめはどちらですか

扉はコスト的に引出しより有利で有効寸法を最大限に利用できるので、収納力にも優れています。また、扉内部に可動の棚を付けることによりいろいろな用途に対応が可能です。

一方、引き出しは扉よりもコストは上がってしまうのですが、真上から物を出し入れできるので使い勝手に優れています。

家具の部材や金物(レール)、引出し箱の厚みが有効寸法を小さくしてしまうので、収納力は扉に比べると小さくなってしまうデメリットもあるのですが、引出しを収納のメインに考えている方は多く、特に食器棚は引出しを増やしたいという方が多いです。

何を収納するかによって用途も変わってくるので収納力とコスト面を含め、ご相談、ご提案させて頂いております。

納品後の家具のニオイが気になります

オーダー家具には独特の匂いがあります。主に、化粧合板に含まれる物質(スチレン)のニオイで、敏感な方には少々不快なニオイに感じてしまいます。

納品後、おおよそ数か月でニオイは落着きます。使用している材料は建築基準法で定められた基準をクリアしておりますので人体への悪影響はありません。

どうしても気になる場合はスチレン臭を抑えたノンスチレンという材料も一部柄ではありますのでご相談をさせて頂いております。(その場合、材料費の差額分がアップします。)

キッチンの背面に引き戸がありますが、設置可能ですか

間取りによってはキッチンの背面に引き戸がある場合があります。背面に引き戸があっても設置は可能ですが、現地を確認させて頂いた上で、適切な形状をご提案させて頂いております。

引き戸をそのまま使用できる形状にしたり、引き戸をつぶし全面を収納にする場合がありますので、こちらもご相談をさせて頂き、ご提案をさせて頂いております。

メラミンの天板と人工大理石・天然石、傷に強くお手入れしやすいのは

オーダー食器棚では、メラミンの天板が標準になります。一方、システムキッチンでは天板が人工大理石や天然石が多いので、それぞれの特性をご説明させて頂きます。

(1)メラミン

メラミンは化粧合板の中では強度や熱に優れ、人工大理石や天然石よりもコスト的に優れています。標準は白系なのですが、多用な色柄があるので変更も可能です。(材料費の差額分がアップしますが、二者と比べるとまだまだ安価です。)

一般的な天板としての利用であれば強度も十分で通常のお手入れも、から拭きかマジックリンなど洗剤を併用した水拭きで十分です。

傷が付いた場合の修復は難しいのですが、当店の施工例の9割位は標準のメラミンの天板となっています。

(2)人工大理石

一般的に人工大理石は強度や耐熱に優れていると言われております。お手入れもから拭きや水拭きで落ちない汚れにはクレンザーやスポンジ等研磨剤入りのお手入れグッズでキレイにすることができます。

また、中まで均質な素材でできている為に小傷程度は磨いて消してしまうことも可能です。いずれもコーティングなどをしている場合は、ツヤ感が変わってしまう場合があるので注意が必要ですが高級感とトータル性能に優れた素材であると思います。

(3)天然石

強度や耐熱性能は抜群ですが、多孔質なので液状の汚れは染み込みやすい特性があります。ただ、こぼしてしまってもすぐに拭けば問題のないレベルです。システムキッチンと合わせると高級感を演出してくれます。

天然の素材なので産地やロットにより多少、色柄の雰囲気が違ってくるので、システムキッチンと雰囲気が完全に一致しない場合があります。

私の持論ですが、メラミンに比べ人工大理石や天然石はコスト的にはかなり上がってしまいます。また、食器棚の場合は天板の上に電子レンジや家電を並べて置く方が多いので、普段はあまり見えなくなる贅沢なアイテムでもあります。

キッチンの面材がダークや黒系の場合は白い天板がキッチンを明るい雰囲気にも変えてくれますので、コストと使い勝手、圧迫感や明るさをトータルで検討して決めるのが良いかと思います。

ゴミ箱を収納したいのですが、どのような種類がありますか

食器棚の内部にゴミ箱を収納したいというニーズは多く、食器棚の形状はゴミ箱を収納するかどうかによって大きく変わってきます。ゴミ箱の収納方法はいろいろあるのですが主な4パターンを説明します。

■パターン1

ゴミ箱専用のオープンスペースを作る。

ゴミ箱の数にもよりますが扉のないオープンスペースを作り、床の上に直接ゴミ箱を収納するパターンです。

ゴミ箱

ゴミをダイレクトに捨てることができるので使い勝手が良く、コスト的にも扉が減る分減額となります。主に、下記のようなダストボックスが人気があります。

  • オークス社製 ダストボックスオークス社製 ダストボックス
    ¥3,000(税別)
  • オークス社製 ダストボックスワゴンオークス社製 ダストボックスワゴン
    ・2連タイプ ¥30,000(税別)
    ・3連タイプ ¥40,000(税別)

■パターン2

ゴミ箱を扉で隠してしまう。

パターン1のオープンスペースに扉を付けるイメージです。

ゴミ箱を隠してしまいたい場合の選択肢となります。

ゴミ箱

ゴミ箱は床に置いたまま扉を開けてから捨てるので、扉の開け閉めが多少煩わしく感じてしまうのですが見た目を優先したい場合には有効で割と人気のあるパターンでもあります。

開けた扉をユニット内部に収納することができる(垂直収納扉)仕様もありますので、こちらと合わせて検討しても良いかと思います。

ただし、垂直収納扉は金物代の金額がUPするのと扉を収納する為、有効寸法が小さくなりますのでこの部分のデメリットを押さえておくことが肝心です。

■パターン3

引出し内部にごみ箱を収納する。

引出しの中にダストボックスを収納するので見た目はスッキリです。ゴミを捨てる度に引出しを手前にスライドをしないといけないのですが、ゴミを真上から捨てることができ、収納の際は引出しを軽く押してあげればソフトクローズなので引出しがゆっくりと戻っていきます。見た目と使い勝手がいいのでゴミ箱の収納方法としては一番人気でもあります。

ゴミ箱

ゴミ箱はお客様支給の物でも対応可能なのですが、『オークス』というメーカーのゴミ箱が標準仕様の奥行45センチにジャストフィットしますので、このゴミ箱とセットで検討される方が多いです。

『オークス』のゴミ箱は当店でも取扱い可能で容量は26・5リットル、価格は1個あたり¥3,000(税別)となります。

ゴミ箱

■パターン4

先程のパターン3と同じく、引出しの中にゴミを収納するのですが、ゴミ箱ではなく金属製のフックを使いビニール袋をぶらさげて捨てるタイプです。

ゴミ箱

なるべく少ないスペースでゴミをたくさん分別して捨てたいという方の選択肢となります。先ほどの『オークス』のゴミ箱は引出しの中に2個収納する場合で横幅が58センチ必要になります。(実際の引出しの有効横幅は48センチとなります。)

ビニール袋の場合はその48センチで3~4分別で捨てることができます。1つの袋に捨てることができる容量は小さいのですが、マンションの場合は24時間いつでもゴミ出しができる物件が多いので溜まったら都度、コマメに捨てに行くイメージです。

引出しの中にゴミを捨てるのは臭いが気になるという方も多いかと思いますが、ゴミ箱として使用する場合はそのユニットを独立した構造にしますので、臭いは他のユニットに移ることはないので安心して頂いて大丈夫です。

以上がおおよそのゴミ箱(ゴミ)を収納する場合の例ですが、ご参考にして頂けますと幸いです。

食器棚で標準の45センチの天板に大型電子レンジを置けますか。

当店の食器棚の標準の奥行は45センチです。実際には48センチまで同額で奥行を増やすことができます。袖壁の奥行やシステムキッチンとの距離を考慮してご提案をさせて頂いております。(食器棚を置いてもできれば80センチ程の空間を残したいので)

最近の電子レンジは奥行が大きな機種が多く48センチ~50センチを超えてくるタイプもありますが、天板の奥行が45センチあればレンジの脚部分はしっかりと載るので大丈夫です。

どうしても操作パネルやハンドルの部分が天板より出てきてしまうのですが、見た目はさほど気にならないので大丈夫です。

内覧会に同行してもらいたい

内覧会のご同行は可能です。オーダー家具は製作前に必ず現地を確認させて頂き、壁の寸法や形状の他、コンセントの位置や枠、報知器などの位置なども確認をさせて頂いております。

また実際に家具を設置する場所で打合せをさせて頂くことにより、明るさや圧迫感などの雰囲気も実感できます。

内覧会や確認会はその数少ない機会となりますので、極力同行をさせて頂くようにしております。

ただ、日にちによってはスケジュールが重なってしまい、調整がつかずお伺いできない場合があります。その場合は物件にもよりますが後日、担当者様の立ち合いのもと入室をさせて頂き検寸や打合せの時間を貰える場合もありますので都度、確認をさせて頂いております。

内覧会までに候補を1社に絞れなかった

見積りや事前打ち合わせで候補の業者をある程度絞り込み、内覧会までには業者選択ができていればベストですが、やはり大きな買い物なので難しい場合があるかと思います。その場合は複数業者と内覧会で打合せをしても大丈夫です。

私も何度か経験がありますが内覧会で他社様の名刺を見かけることがあります。同じ時間帯で一緒に入室をしたことはないので、打ち合わせ時間をずらして頂く配慮をして下さっていたのかと思いますが、基本的にはお客様主導で良いのです。そして後日、各社のプレゼンを確認してからの最終決断でも宜しいかと思います。

ピクチャーレールや鏡、エコカラットの取扱いはありますか

当店の場合は、ピクチャーレールと鏡は対応しています。その他、エコカラットやアクセントクロス、バルコニータイル等の問い合わせもよく頂くのですが、取扱いのないアイテムは専門業者さんを紹介させて頂いております。

紹介できる業者さんは何社かあるのですが当店では紹介のみで、後はお客様と業者さんで直接取引をして頂いています。直接取引の方が無駄なマージンをかけずに済むからです。

またはオプション会で扱っているアイテムを総合的にカバーしている業者様もいますので、まとめてお願する場合と分離発注する場合との労力とコストで判断しても宜しいかと思います。

食器棚の人気のオプションが知りたい

食器棚の人気のオプションをランキングでご紹介いたします。

1位引出しの追加
2位家電スライドカウンター
3位アルミフレームガラス扉
4位奥行変更
5位モイス
6位家電などを隠す扉
7位引き戸に変更
8位天板のシステムキッチン合わせ
9位作業スライドカウンター
10位ハンガーポールの設置

■1位 引出し追加

コスト面や収納力の面で扉収納より不利な点もあるのですが、真上から出し入れができるという点で使い勝手を重視する方に人気があります。

引出し追加

■2位 家電スライドカウンター

家電スライドカウンターは、家電を下台に収納するオプションです。蒸気対策に有効なので炊飯器等、蒸気が発生する家電を収納するのに適しています。

家電スライドカウンター

■3位 アルミフレームガラス扉

高級感やキッチンに明るさ感を求める方に人気があります。ガラスの色は白系で2色の他、透明やブロンズ、スモーク、ミラー調などから選ぶことができます。

アルミフレームガラス扉

■4位 奥行変更

奥行変更は、収納力を増やしたい方が検討をするオプションです。吊戸棚の奥行を増やす場合は圧迫感や扉の軌道を説明、ご提案をさせて頂きます。下台の奥行を増やす場合はシステムキッチンとの距離までを含めご相談、ご提案をさせて頂いております。

■5位 モイス

数年前に三菱商事建材が開発した素材で湿気を調整したり耐熱性に優れていることから、主に食器棚の吊戸棚の下端等に貼り蒸気を吸収する為に使用するアイテムです。天板の上で炊飯器など蒸気の出る家電を使用する場合に検討をして頂いております。

モイス

■6位 家電などを隠す扉

主に下開き扉、垂直収納扉、水平収納扉があり用途に応じご提案をさせて頂いております。特に家電スライドカウンターと下開き扉をセットで検討をする方が多いです。

  • 下開き扉下開き扉
  • 垂直収納扉垂直収納扉
  • 水平収納扉水平収納扉
  • また大き目の扉を1~2枚で製作、リフトアップをして開けるタイプもあります。
  • リフトアップ扉リフトアップ扉

いずれも家電を普段隠して収納し、見た目をスッキリとさせることができるアイテムです。コスト次第では検討をしたいと考えている方が多いです。

■7位 引き戸に変更

扉をスライド式の引き戸に変更するオプションです。食器棚の幅により扉の枚数は2枚~4枚となります。引き戸は扉が前後に重なるので有効奥行が小さくなる分、奥行も大きくする必要があります。板扉での製作も可能ですがアルミフレームガラス扉とセットで検討する方が多いです。

引き戸に変更

■8位 天板のシステムキッチン合わせ

標準の白系のメラミンポストフォーム天板からシステムキッチン合わせに変更するオプションです。キッチン全体の雰囲気に統一感が出るのですが天板の変更は食器棚のオプションの中でも一番金額の張るオプションです。また、天板の上にはオーブンレンジをはじめ家電を並べて収納したいという方が多いのですが、あまり見えなくなってしまう贅沢なオプションです。(一部天板はキッチン合わせが不可の場合があります。)

天板のシステムキッチン合わせ

■9位 作業スライドカウンター

作業スライドカウンターは補助天板として必要な時に本体から引き出して使用する天板です。電子レンジ使用時、調理途中の仮置きや冷蔵庫の中身を整理する場合などに重宝します。天板を全開に引き出した時にロックが掛かるので安定します。レールの耐荷重は25キロとしっかりしているので直接作業をこなすことも可能な便利アイテムです。

作業スライドカウンター

■10位 ハンガーポールの設置

吊戸棚の下端に設置。調理器具やミトンなどを引っ掛けることができます。ハンガーポールは、KAWAJUN社の物を使用する場合が多いです。

KAWAJUN社

小物を引っ掛けることのできるフックが付属しています。長さは既成では3種類(600・1200・1800)ですが特注で寸法調整も可能です。

ハンガーポールの設置

納戸に棚がないのですが増やせますか

納戸は貴重な収納スペースですが通常、棚板が付いていないのでそのままでは有効活用が難しいです。市販のラックやDIYでの対応も可能ですがオーダーで棚板を付けたいというニーズは多いです。

用途が決まっている場合、棚板は固定でもよいのですが可動棚の方が使い勝手が広がるのでおススメです。

棚を可動にする場合は棚板の他、金物が必要になります。また金物はどこの壁に付けるかにより種類が変わってくるのと設置予定の壁に直接取付ができるか否で追加の部材が必要になってきます。

現地を確認させて頂き芯(柱)の位置を確認させて頂いてからご相談、ご提案をさせて頂いております。

納戸に棚がないのですが増やせますか

以上、ここまでは実際に頂く質問の一例からの抜粋ですが、回答は当店のケースとなります。実際は各業者で対応が違う場合もあるかと思いますので参考にして頂ければと思います。

オーダー家具 大辞典 PDF版はこちら