『オーダー家具3点』と『ピクチャーレール』を豊島区のお客様に納品!その2

こんにちは。
オーダー家具専門店GNASH(ナッシュ)の内山です。

 
今回は昨日の続き、
豊島区に納品をさせて頂いた
『オーダー家具3点』の中の“本棚”を紹介します。

 
豊島区のお客様にはオーダー家具3点とピクチャーレールを納品させて頂きましたが
お客様一番のコダワリアイテムは本棚でした。

 

 

082FB738-9398-4EC8-84AC-E36220F91E08

内覧会(施工前)の様子!

 
ここでもマンション特有の“梁”があります。

 

当初は梁下で家具を納める予定でしたが
中途半端に上部の空間を残しておくのも勿体無いので、
トータルバランスを考慮し天井まで伸ばすことにしました。

 

 

IMG_0075

施工途中!

 

当店のオーダー本棚は大体、パーツを持ち込んで現地で組み立てとしています。

 

それは無駄なジョイントの重なりを出さない為です。

 

ユニットを何分割かしてジョイントすれば施工は楽です。
しかし、箱と箱どうしの部材が重なり、見た目が悪くなります。

 

なので明確な理由がない限り、現場組み立てをしています。

 

施工も時間がかかり大変ではありますが
譲れないところです。

 

 

IMG_0623

完成!

 

幅385センチの大容量。
奥行は30センチ、大き目のA4ファイルが楽にはいる寸法です。

 

梁部分の奥行は有効で13センチあるので
コミックや文庫本は楽に入ります。

 

この部分を追加したことにより、
コミックであれば200冊は入る計算になるので
有意義だったと思います。

 

 

IMG_0615

梁部分は欠き込み加工で対応!

 

梁があっても無駄なジョイントが出ない様、
1枚板を欠き込み加工して対応。
ここも手間はかかるのですが譲れないところです。

 

 

IMG_0620

 

IMG_0622

ダボピッチを細かく調整できる“棚柱”!

 

いつもは“ネジダボ”という金具でダボを可動させますが
今回は“棚柱”という金物をチョイスしました。

 

メリットは棚板をより細かく可動させることができる点です。

 

ダボピッチはネジダボが30ミリ(任意調整可能)に対して
棚柱は15ミリ(今回使用した金物)なので本の高さに対して
より細かな調整が可能です。

 

棚板も本棚の場合は裏面にしゃくり加工を施すので
ずれることなく安定しています。

 

“ダボ”に関しては用途により沢山の種類があるので
また別の機会に詳しく説明させて頂きたいと思います。

 

今回の本棚は形状こそシンプルではありますが
板厚、金物、形状など至る所にコダワリが詰め込まれています。

 

お客様も納品までのスケジュールがタイトであったにも関わらず、
細かな確認などに対して、スピーディーに的確に対応して頂き感謝です。

 

今回、私は久々に納品に立ち会い施工まで担当することができましたが
体を動かすのは気持がいいものです。

 
今日は筋肉痛と格闘していますがこれではダメだと思う
今日この頃です。

 

 

 

オーダー家具についてお問い合わせください


新築マンションの内覧会ご同行や打ち合わせ、家具取り付け工事は土日・祝日も対応しております。また、コーディネーターは都内近郊に常駐しておりますので、お気軽にご相談ください。

対応地域:関東首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城)

フリーダイヤル:0120-724-017(平日9:00~17:00)
最新情報をチェックしよう!