フルオーダーだからできる!夢があふれる”ロフト付きベット”の事例を2つご紹介!

ベットやテーブルなどのいわゆる『置き家具』は、既製品をチョイスするのが一般的であり、サイズやデザインに問題がない限り、オーダーの必要性が低い商品です。また『置き家具』は既製品が価格面でも圧倒的にこなれているので、あまり受注を頂く事はありません。

しかし、中にはオーダーでないと実現不可能な形状、仕様があります。

今回はそんな「オーダーだからこそできるベット〜ロフト付きベッド〜」をご紹介します!

ミッドセンチュリー風!クローゼット付きロフトベット

IMG_0151

お客様の好みのテイストが『ミッドセンチュリー』でした。

素材はチェリーの天然木突板を使用し、雰囲気を出しています。ハシゴはスチールの特注品です。

ベットの下はクローゼットになっていますが、(内部にはハンガーパイプが付いています。)

奥行が110センチ程もあるので、かなりの洋服を収納することができます。

ロフト上部の天井にはブラインドを付けました。(ブランドも特注です。)

ブラインドを降ろした内部の空間は就寝スペースでもありますが、ちょっとした『秘密基地』の様な雰囲気でもあります。

コダワリどころ満載で、今まで作ってきたベットの中では一番印象に残っている事例です。

デスクスペース付き!ロフトベッド

IMG_0147

こちらは白色化粧合板を使用し、明るい雰囲気にしました。

洋室にベットとデスクを置く方は多いかと思いますが、両方とも結構なスペースを取ります。

そんな時、ロフト付きベッドは、省スペース化に有効なアイテムですが、下にデスクを置いた時、暗さや頭上の圧迫感は気になるところです。こちらの事例では間取り上、“窓”があったので、暗さに関しては窓からの光が入る分、有利な条件でした。

圧迫感は“色使い”や“高さのバランス感”で、ある程度は和らげることができます。

それでも頭上が気になる場合は、デスクスペースとしてでは無く、物入れスペースとして利用する方法もあります。大きな面積を占めるベットは宙に浮かせて使用し、その分空間を有効に使うことができるという考え方です。

更にこの事例では、ベット部分の天井に『プロジェクター』を付けました。

ロフトベッドから映画や画像を眺めることができる、こちらも『夢のある空間』です。

まとめ

普段、ベットを作ることは殆どありませんが、それでも作ることになった時は実に楽しい案件になります。既製品でもロフトベッドは沢山ありますが、『夢とコダワリ』を追加する際には、オーダー家具を検討して頂ければと思います。

 

次回もオーダー家具ならではのベットを紹介させて頂きます。

最後まで目を通して頂き、有難うございます。

オーダー家具専門店GNASH(ナッシュ)の内山でした。

オーダー家具についてお問い合わせください


新築マンションの内覧会ご同行や打ち合わせ、家具取り付け工事は土日・祝日も対応しております。また、コーディネーターは都内近郊に常駐しておりますので、お気軽にご相談ください。

対応地域:関東首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城)

フリーダイヤル:0120-724-017(平日9:00~17:00)
最新情報をチェックしよう!