ダイニングテーブルの天板を再利用

長年使用している愛着のある家具をオーダーメイドでリフォームした事例3選!

こんにちは。GNASHの内山です。今回は、既製品とオーダー家具のコラボをご紹介します。

既製品とオーダー家具のコラボ〜TVボード〜

 

既製品とオーダー家具のコラボ TVボード

真ん中が既製品の家具です。某大手の製品ですが、天然木のきれいな家具です。当然このままでもTVボードとして使えるのですが、リビングの壁に合わせて残りの空間にオーダー家具を新設しました。無駄な空間をなくし、収納力も大幅UPです。TVボードなので配線ルートも押さえてあります。

お気に入りのチェストをTV台に!

 

チェストをTV台に

 

チェストをベースにコンポ、デッキを収納できる形状にしました。天板の形状を台形にし、TVを斜めに向けて置くことができます。隣にはサイドボードをも新設。

全体的にはこんなイメージです。

 

チェストをTV台に

新設家具の色はあえて既製品よりもワンランク濃くしているのですが、全体的に落ち着いた雰囲気となっています。

ダイニングテーブルの天板を再利用!

 

壁面収納

一見、普通の壁面収納ですがラウンド形状の天板が見せ場です。

 

ダイニングテーブルの天板を再利用

 

もともとはダイニングテーブルの天板ですが、この天板を加工、塗装しパソコンデスクの天板として再利用しています。もともとのダイニングテーブルはお客様のお気に入りで、長年連れ添った家具です。若干痛みもありましたが無垢材の天板だったので、リペアし形状をR型に加工し塗装仕上げをしてパソコンデスクに生まれ変わりました。

まとめ

 

一部に既製品を使うということはコストダウンにもつながるのですが、この3事例はコストダウンというよりもお気に入りの家具(部材)を使いたいという想いから生まれたオーダー家具です。

愛着のある家具が形を変え、この先も末永く使えるということは素晴らしいことであり、なんとなく見ているだけで幸せな気持ちになれます。このコダワリの詰まった文字通り『世界で一つだけの』家具に携われたことに感謝です。

オーダー家具についてお問い合わせください


新築マンションの内覧会ご同行や打ち合わせ、家具取り付け工事は土日・祝日も対応しております。また、コーディネーターは都内近郊に常駐しておりますので、お気軽にご相談ください。

対応地域:関東首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城)

フリーダイヤル:0120-724-017(平日9:00~17:00)
ダイニングテーブルの天板を再利用
最新情報をチェックしよう!