少しでもスペースがあれば収納家具を設置できます。

前回は『奥行省スペースの食器棚』を紹介させて頂きました。今回は引き続き、過去の事例から奥行省スペースのオーダー家具の紹介させて頂きます。

事例2 奥行230ミリの扉付き本棚

過去事例 奥行230ミリの扉付き本棚!

過去事例 奥行230ミリの扉付き本棚!

 

中央の背の高い家具が『奥行230ミリの扉付き本棚』です。右側に見えるのが既存の物入れ。この既存の物入れに干渉しないギリギリの数値が奥行230ミリでした。奥行230ミリは本棚としては薄い方です。更に扉も付けているので、実際に使用できる有効の奥行は192ミリとなります。

 

有効奥行が192ミリとは、やや物足りない感じもしますが、実際はB5版はもとより、単行本やビジネス書、文庫本なども楽々と入る結構実用的な奥行でもあります。本棚の幅は830ミリ、高さは2560ミリもあるのでこのサイズ感の書籍ならば、かなりの数を収納できる容量を持っています。

 

また、扉を付け、ることにより、メインの用途は本棚であれ、本以外の物をミックスして収納しても
違和感はありません。扉があるということは安全面でも有利なことです。

 

お部屋の隅の部分には、既存の物入れや建具等との間に何を置く訳でもない、多少のスペースがポツンと空いている事があります。そんな部分を有効に使った事例となりました。

 

事例3 奥行145ミリの玄関収納

過去事例 奥行145ミリの玄関収納!

過去事例 奥行145ミリの玄関収納!

玄関を入った右側、玄関扉と右壁の間に少しの空間がありました。一見、家具を設置するスペースには見えない部分でしたが、奥行145ミリの玄関収納を設置させて頂きました。奥行145ミリで天板と扉の付いた家具は、私の記憶の中では、最もミニマムサイズな案件だと思います。天板の奥行が145ミリだと、実際の有効奥行は105ミリ程となります。

この105ミリの中に何を収納するのかと言えば、玄関なので『スリッパ』と『傘』を収納して頂いています。

 

画像が無いので分かりにくいのですが、スリッパは扉の裏に最大6人分、傘はフックを使い複数本、
掛けることができる様になっています。扉の幅をスリッパの幅に合わせる等、横方向も有効に使える様に気を付けました。

 

奥行145ミリながらも、既存下足入れには入りきらなかったスリッパや、外に出てしまいがちな傘を
見えない様にしっかりと収納することができました。

 

まとめ

パッと見、家具を設置できるとは気付かない様なスペース。建物の内部には、こうしたスペースがあったりもします。そんなスペースでもオーダー家具であれば、スキマ無しで空間を最大限に利用することができます。見落としがちな場所を有効に使い、収納したかった物がきちんと納まるのは気持ちのいいものです。

参考にして頂けますと幸いです。最後まで目を通して頂きまして有難うございます。オーダー家具専門店、GNASH(ナッシュ)の内山でした。

オーダー家具についてお問い合わせください


新築マンションの内覧会ご同行や打ち合わせ、家具取り付け工事は土日・祝日も対応しております。また、コーディネーターは都内近郊に常駐しておりますので、お気軽にご相談ください。

対応地域:関東首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城)

フリーダイヤル:0120-724-017(平日9:00~17:00)
最新情報をチェックしよう!