• ¥478,440
  • M.O.様
  • 神奈川県
  • 2017年9月8日

既存天板に大胆なアレンジ、不可能を可能にしたカウンター収納!

横浜市の新築マンションに納品をさせて頂いたカウンター収納です。
キッチンの天板に配膳の際にお皿を置きたいというのがお客様の希望でしたが、
既存のキッチン天板は奥行き10センチ程しかなく難しい状況でした。

DETAIL INFORMATION オーダー家具詳細情報

横浜市の新築マンションに納品をさせて頂いたカウンター収納です。
キッチンの天板に配膳の際にお皿を置きたいというのがお客様の希望でしたが、
既存のキッチン天板は奥行き10センチ程しかなく難しい状況でした。

更にはダイニングに収納も作りたいという希望がお客様にはありました。
そこで天板を大きくして、その下に収納を作るべく計画が始まりました。
先ずは、収納部分ですがオープンスペースと8枚の開き扉で構成しました。
幅は約250センチなのでなかりの収納力があります。
そして天板ですが、既存のL型天板の上にサイズを大きくした新設の天板をすっぽりと被せてしまいました。
これで10センチだった天板が最大で32センチになりました。
これなら配膳の際にもお皿を余裕で置くことができます。
更には既存の腰壁と家具の境目を隠す為、サイドパネルを設置。
これで後付け感も無くなります。

ビフォアとアフターの様子が劇的に変わりましたが、
お客様の希望は全て満たし、不可能を可能に変えることができました。
設置場所の条件を受け入れ、お好みの空間にアレンジできるのもオーダー家具の強みです。


施工の様子はブログでも紹介しています。
(リンクは準備中です。)
本体寸法
W:2510mm × H:970mm × D:320/129/213mm
扉面材
メラミンポストフォーム
天板材
集成材塗装仕上げ
本体材
木目化粧合板
参考価格
¥478,440 ※税込、搬入・取り付け工事費込み

主な仕様情報

  • カウンター下収納
  • 天板付き
  • 開き戸仕様

POINT OF CONSTRUCTION 客様要望施工ポイント

クライアント M.O.様神奈川県

・天板をお皿が置けるくらいの広さにしたい
・天板の下に収納棚を作りたい。
・天板は木目を活かした素材にしたい。
・収納力にも重視したい。
・後付け感の無いデザインにしたい。

オーダー家具専門店 GNASHナッシュ

・既存天板に新設天板を被せ、広さを確保。
・天板下にお客様イメージの収納棚を設置。
・天板とサイドパネルに木目を活かした素材(集成材)を使用。
・収納棚の収納力に配慮。
・後付け感の無いデザインと施工に配慮。

CONTACT無料見積もり・おわせ

オーダー家具製作に関するご相談や、無料お見積もりの依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

[受付] 平日 09:00 ~ 17:00