3枚扉仕様のオーダー食器棚|施工事例|東京都中央区|マンション

こんにちは。GNASHの内山です。

今回は先日納品させて頂いた『食器棚』をご紹介します。

納品場所は東京都中央区のタワーマンションです。

オーダー家具 食器棚

横幅が1160ミリの3枚扉仕様です。

お客様のリクエストは下台に炊飯器を収納する家電スライドカウンターと
それを隠す扉を付けること、ダストボックスを引出し内部に収納すること、
収納力も重視することでした。

実は今回、当店に打合依頼を頂く前に他社様とある程度打合せが進んでいて
打合せは他社様提案の形状がベースとなりました。

他社様図面では横幅1160ミリを家電収納とダストボックス収納の2ユニットで
作っていたのでスッキリはしていますが家電収納とダストボックス収納部分に
それぞれ少し“半端”が残ってしまいます。

扉付きの家電スライドカウンターは幅が400ミリ、
ダストボックス収納にゴミ箱を2個収納する場合は幅が580ミリ
(ダストボックスサイズにより変わってきますが、、、)
あれば程よく丁度収納することができます。

その分、約170ミリの空間が残るのでここを開き扉仕様にして
収納を増やしました。

わずか170ミリですが内寸は130ミリ取れるので可動の棚板を付けると
ちょっとした食品庫替わりとなります。

スッキリ感を重視する場合は前者(2ユニット)でも良いのですが
収納力を重視する場合は適切なサイズで横幅を設定、空間に“あまり”がでれば
積極的に収納場所とします。

その他、細かい寸法や納まりを一から打合せをさせて頂き
なかなか良い納まりになったと思います。

今回の様に打合せ時には他社図面を頂くことは結構多いのですが
それをベースとし再考していくとかなりの確率でどこか改善点や
検討の余地が見つかり、少し手を加えることにより使い勝手や収納力、
見栄えがよくなることが多いです。

昔は打合せ時に他社図面を頂き、これをそのまま作って下さいと依頼を受け
ラッキーと思いながら納品をしたところ『イメージと違う』、
『ここの箇所がこんな納まりだと思わなかった』など逆に痛い思いを何度か
してきました。

そんな災いが幸いして(?)今は他社図面の納まりなどは
一切信用しないことにしています。

人の(他社の)“あら捜し”を真剣にするのは何とも捻くれ感があるのですが
『結局はお客様の為!』と善意に勝手に置き換え、
ますますあら捜しが得意になってきている今日この頃です。

オーダー家具についてお問い合わせください


新築マンションの内覧会ご同行や打ち合わせ、家具取り付け工事は土日・祝日も対応しております。また、コーディネーターは都内近郊に常駐しておりますので、お気軽にご相談ください。

対応地域:関東首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城)

フリーダイヤル:0120-724-017(平日9:00~17:00)
最新情報をチェックしよう!