食器棚にも壁面収納にもおすすめ!「作業スライドカウンター」で作業スペースを広げられる!

キッチンで作業をしている時、例えば、

・料理をしている時
・電子レンジを使っている時
・食器を整理している時
・冷蔵庫の中身を整理している時

『もう少し作業スペースがあれば。』と思うことがあるかと思います。あるいは、リビングやダイニングでも一時的に『補助天板』や『補助デスク』があれば便利かも!と思うこともあるかもしれません。そんな時便利なのが『作業スライドカウンター』です。

作業スライドカウンターは、食器棚や壁面収納などの家具に組み込むことができます。

wcup68m_l

 

wcup68s1_l

イメージ➀

1 satoi 084

 

1 satoi 086

イメージ②

002

 

007

イメージ③

作業スライドカウンターのメリットは?

・使用しないときは収納できる
・耐荷重は約30キロ
・全開に引き出した時ロックがかかる
・コンパクトである(厚みで6センチほど)

などが挙げられます。最大のメリットは何と言っても、必要な時だけスライドして使用することができるので、使い勝手が良いところだと思います。耐荷重は約30キロあるので、補助天板としての用途も広がり安心して使うことができます。また、天板を全開にスライドしたところでロックがかかります。これにより、安定した状態で作業をすることができます。

厚みも約6センチとコンパクトなので、収納力に与える影響は軽微です。実はこの6センチで納めることは結構大変なことで、製作の際は少し大変です。スライドカウンターは厚く作るのであれば楽です。強度も十分に取れます。GNASHの作業スライドカウンターは初期の頃、厚みは8センチ程ありました。しかし8センチの場合ですと、その下に収納したい物が入らなかったり見た目も少しヤボったい。改良を重ね、6センチまで薄くしました。強度も損なわないギリギリの厚みだと思っています。

作業スライドカウンターのデメリットは?

デメリットとしては『コストが高い』ことです。金物(レール)もコンパクトで耐荷重があり、ロックが掛かるものをセレクトしています。

また、製作も天板を作るのにひと手間かかり、万が一、将来金物の不具合などでメンテナンスが必要な際には、6センチ以下のスペースで交換ができる様な細工も必要となります。GNASHの作業スライドカウンターは1か所あたり税込みで¥32,400となります。他のオプションと比べると高めではあります。もう少し、価格を下げた『廉価版』を何度も考えたのですが、厚みも耐荷重もロックも捨てきれず悩んでいます。一つ一つが完全手作りなので、数が沢山でれば価格が下がるスケールメリットを活かせないのも悩みどころです。

 

今のところ、代替えの金物も見つからず、『価格が高いだけのメリットはあるのでは、、、』と勝手に思っている始末ではありますが、自己満足で終わらない様、コストダウンにも真剣に取り組んで行きたいと思っています。

 

今日は『作業スライドカウンター』のお話でした。参考にして頂けますと幸いです。最後まで目を通して頂き、有難うございます。オーダー家具専門店GNASH(ナッシュ)の内山でした。

オーダー家具についてお問い合わせください


新築マンションの内覧会ご同行や打ち合わせ、家具取り付け工事は土日・祝日も対応しております。また、コーディネーターは都内近郊に常駐しておりますので、お気軽にご相談ください。

対応地域:関東首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城)

フリーダイヤル:0120-724-017(平日9:00~17:00)
最新情報をチェックしよう!